課題を探して営業支援で解決!会社にもたらした効果とは?

業務の内容や量といった情報がリストとして表示されます

業務の内容や量といった情報がリストとして表示されますし、期日なども把握できるので遅れが生じるリスクの低減が可能です。
進捗によって色が変わっていくのでフォローや注意の必要性もすぐに分かります。
導入してこの機能を使用したときに、かなり驚くとともに確信したことがありました。
それは、2割の社員と8割の社員の進捗のペースに大きな差があるということです。
前者が3つの業務を終えても、後者はまだ1つも終えられていませんでした。
能力の問題というよりは、体内時計の針の進行速度が根本的に違うというのが当時の感想です。
特に進みが遅い社員を呼び出して指導を行うことにしました。
共通して見られたのは無駄な作業に時間をかけていることです。
思ったよりも怠慢な社員は少なくて、むしろ丁寧に作業をしすぎて遅くなっていました。
注力すべき作業とそうでない作業の見極めができていない状況です。
そこで役に立ったのが導入の理由となった2つ目の機能でした。
こちらはSNSのような画面で社員同士がコミュニケーションを取れるというものです。

営業支援ソフトを導入 / 業務の内容や量といった情報がリストとして表示されます / 活発に情報交換を行う